×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

audiovisual.ifdef.jpFAQ集1

額縁、超額縁って何?  

デジタル放送の普及により、AV機器板では額縁や超額縁といった言葉が飛び交います。今回は額縁、超額縁について説明します。まず一般的な4:3のテレビでデジタル放送を見て(チューナーとはS端子接続と仮定)どう映るのか、どの状態が額縁なのかの解説です。

 
 

 典型的な額縁

 

図は一般的な4:3のテレビの画面とします。本来のテレビだと罫線は見えませんがあえてそのままで。まずこのアニメはもともと4:3です。地アナでみても4:3です。デジタル放送は16:9な番組も多く、デジタルチューナー内蔵テレビも16:9(正確に言うと液晶テレビの一部の機種はコストを抑えるために16:9じゃなかったりしますが)というかワイドですよね。それでこのアニメを16:9で放送したい(放送局的に)んですがもともと4:3なので上下を無理矢理カットして16:9サイズにするか、左右にバー(帯)をつけて16:9サイズにするしかないんです。そこで上のアニメでは映像部分の左右にサイドバーと呼ばれる帯をつけて放送していました。これでなんちゃって16:9になります。それを4:3のテレビで見たときが上図のようになります。画面が一回り小さくなりますね、これが額縁です。(ちなみにサイドバーは立派な映像です)

 
 

これもいわゆる額縁

 

一番上の図ではサイドバーが黒帯の為、映像の出力されてない部分(上下)と見分けがつきませんでしたが、これでハッキリ。上の図と何が違うかというとサイドバーに色がついています。これでサイドバーも立派な映像っていうのがわかります。

 
 

ちなみに

 

これは16:9なアニメを4:3のテレビに映し出したときのイメージ図です。  額縁の仕組みわかりました?

 

ワイドテレビで

 

ワイドテレビでみると、↓のようなイメージになります。それを踏まえて超額縁の解説を

超額縁

 

超額縁とは、4:3LBなアニメにサイドバーをつけて放送すると額縁よりさらに一回り小さい映像になります。*LBとはレターボックスのことです。例えばワイドなアニメをアナログで放送する時、上下に黒帯をつけます。黒帯をつけることによって4:3のテレビでも元々の画角を維持でき、またワイドテレビでは黒帯を検出して自動的に引き延ばしてくれたりします。(一部のテレビの機能)具体的に言えば作品は沢山ありますが↓のような感じです。(上下の黒帯は立派な映像)

超額縁

 

そして本来、アナログ放送のLB素材をそのままデジタル放送に転用する(4:3LBにサイドバーをつける)ことで発生するのが超額縁です。まずは4:3のテレビ。↓

 
 

超額縁

 

額縁状態よりさらに(アニメの部分が)小さくなります。LBの黒帯とサイドバーは判りやすくするため線を入れています。16:9のテレビでは↓の図のようになります。16:9のテレビでも一回り小さくなってしまうんです。

 

額縁を回避するには

 
以上で額縁、超額縁についての説明は終わりです。 おまけで額縁回避方法をいくつか紹介します。  
東芝RDで録画した額縁の除去その1/初期設定でテレビの設定を4:3ノーマルにし、再生。この状態で出力しキャプチャすることも。

東芝RDで録画した額縁の除去その2/初期設定でテレビの設定を4:3ノーマルにし、ラインUダビング。

リアルタイムで見たい

 
東芝RDの初期設定でテレビの設定を4:3ノーマルにする。録画が始まったらすぐにタイムスリップ再生。多少の遅れはありますがほぼリアルタイムで画面をフルに使って視聴可能。
パナソニックTU-MHD600のサイドカット機能を使う/このチューナーを使うと上で説明したサイドバーをカットしてくれる機能があります。予約毎にサイドカットする しないが選択でき、毎週予約でも設定し直す必要がありません。i-LINKはありませんが1台持っていると便利です。管理人も使ってます。

2005.7.17

 

識別信号

 
BS朝日のアニメ魂枠をご覧になってる方ならわかると思いますが同枠の4:3制作のアニメには4:3識別信号というのが載ってます。実際の放送は左右にサイドバーのつけた16:9(の中に4:3のアニメ)の放送です。ですがチューナー側で識別信号によりサイドバーをカットしてくれてフルサイズで出力してくれます。4:3テレビでも(チューナーの設定が正しければ)フルで映ってくれます。
今度は識別信号付きLB(レターボックス)放送の説明です。デジタルWOWOWをワイドテレビでご覧になった方はわかると思いますが16:9のアニメ(主にノンスク)はフルサイズで映ってくれます。しかしスクイーズ放送ではありません。どうやってフルサイズに映るようにしているかは識別信号です。この枠の16:9のアニメは上下に黒帯をつけた4:3レターボックスで放送されています(レターボックスというのは超額縁編の一番上の画像のような状態)。しかし識別信号が載っていますのでデジタルチューナー搭載ワイドテレビならフルサイズで。チューナーとS端子で繋いでいるワイドテレビもフルサイズで映ります。4:3のテレビでは4:3LBで映ります。*WOWOスクランブルの枠(HD、HD*)ではスクイーズ放送です。*過去ログを読み返してみるとWOWOWのSD放送ではスクイーズ放送実績がないとか。

 

DVD-Rに録画するには

 
アニメ魂枠にはアニメ本編が4:3なのにCMが16:9という場合があります(逆もあります)。16:9のCMが終わり4:3のアニメ本編が始まる間チューナーが信号を受けてから4:3フルサイズになるまでに若干タイムラグがあります。(これは局がどの時点で信号を入れてるかにもよると思います)。これをRAMにダビングするなら特に問題ないのですがDVD-Rにダビングする場合DVDVideoの規格上、タイトル中異なるアスペクト比の混在ができません。綺麗にCMをカットした場合でも本編とアスペクト比と異なるシーンが入ってしまうことがあります。その場合はDVD-Video作成(オプション設定)の一番下(東芝RDの場合です)タイトル画面比設定をアニメの本編にあわせて4:3固定または16:9固定に設定してみてください。これでダビングできます。(注:BSデジタル放送は本来はDVD-Rにダビングできません。)

2005.8.16